CHARACTER

ラピス
Lapis Flayer

『城を復活させて、惰眠を貪る毎日に戻るのよ!』

ラピス・フレイヤー
魔王ギベオンの娘。
『六英雄』によって奪われた、甘美で怠惰な日常を取り戻すため
滅亡寸前の魔族を復活させようと企んでいる。
態度は大きいが、自分より強い者に対しては途端に卑屈になる。
趣味は読書とお絵描き。
魔王の存命時は、常に自分の部屋に引きこもっていた。
カルミアが用意する紅茶とお菓子の時間が大好き。

カルミア
Kalmia Luge

『時間です、早く起きてください』

カルミア・ルージュ
ラピスの侍女。
常に冷静沈着で、落ち付いた雰囲気の女性。
ラピスの教育係も務め、料理の腕も抜群な有能メイド。
ラピスと共に魔城の崩壊から生き残り、彼女と共に放浪生活を送っていた。
几帳面な性格だが、自分自身の事は意外と無頓着。

エーリカ
Erica Raybalt

『残念だけど、許すわけにはいかないわ』

エーリカ・レイバルト
『六英雄』の一人で、王国の騎士団長。
勇猛かつ質実剛健な性格で、部下たちからの信頼も厚い騎士団長。
幼く見られがちな外見を気にしている。
剣技や馬術に優れるが、オーガやトロールをも凌ぐ怪力の持ち主でもある。
実は甘い物に目が無い。

ミラ
Mira Crystela

『あら、なかなか面白い子じゃない♪』

ミラ・クリストラ
『六英雄』の一人で、王国の宮廷魔術師。
気分屋で掴みどころのない、自由奔放な性格。
この世界の全ての呪文を修めたとも言われる天才魔術師。
堅苦しい事は苦手で、普段は塔の最上階にある研究室にこもり
魔術の研究に没頭している。猫が好き。

ヴィオーラ
Viola Lines

『わたくしの愛を、受け止めて下さい!』

ヴィオーラ・リネス
『六英雄』の一人で、神殿の司祭長。
物静かで優しく貞淑な女性。
ヴェリアトス教の高位司祭であり
神殿騎士団の指導者も務める。
豊満な身体の持ち主で、男性信徒からの人気が非常に高い。
実は好色で放蕩な裏の顔を隠している。

アルフェラッツ
Alpheratz Law Vilstie

『この森から、生きて帰れると思ったか?』

アルフェラッツ・ロウ・ヴィルスティ
『六英雄』の一人で、エルフの射手。
通称アルフェ。生真面目な性格で、融通が利かず頑固な性格。
曲がった事が嫌いで正義感が強い。
エルフの集落であるヴィルスティの森の戦士長であり
小柄な身体に似合わない、大型のクロスボウを扱う。

シグレ
Shigure

シグレ
表向きは郊外で果物屋を営む凡庸な人物だが、その正体は
どんな依頼も解決する『何でも屋』を生業とした凄腕のニンジャ。
大の女好きであり、究極の性交を求め、日々最高の女体を探し続けている。
究極にまで鍛え上げられた肉体を武器とするが、
それ以外にも秘めた『力』を持っている。

『衣を脱ぎ捨てたニンジャは、地上最強の生物です。
 知らなかったのですか?』

シラフジ
Shirafuji Kohryu

『フフ……なかなか良い酒があるじゃないか』

シラフジ・コウリュウ
秘剣を操る獣人族の侍。
東方の果てにあるサン国から来た長身の美人。
名門コウリュウ家の出身で、剣術の達人。
主人公・シグレの幼馴染。
温厚だが割と大雑把な性格で、無類の酒好き。

クラーレット
Claret Easel

『次はどんなコト、教えてくれるの?』

クラ―レット・イゼル
才気溢れる獣人族の戦士。
マジェーレ学院に通う、明朗快活で好奇心旺盛な少女。
人当たりの良い性格で街の人々からの人気も高い。
正義感が強く、理不尽な事が嫌い。
見かけによらず、料理が得意な一面も。

シャウラ
Shaula Crown

『ねぇねぇ、もっと面白い事しましょ?』

シャウラ・クラウン
精霊と戯れる気まぐれ妖精。
興味本位で人間界へやってきた妖精郷の住人。
思った事をそのまま口に出す素直な性格だが、やや小生意気な面もあり
人間の男を小馬鹿にしている。精霊魔法が得意。

モルガーン
Morgan Qualis

『んもう……あの夜の事、忘れちゃったのぉ?』

モルガーン・クオリス
男を惑わす妖艶なサキュバス。
陽気で明るく愛想が良い、ギャル系淫魔な酒場の看板娘。
お酒と色男が大好きな享楽主義者だが、意外と真面目な一面をもつ。
最近は主人公のシグレ一筋。

カレンドゥラ
Calendula Medium

『あの……あ、いえ、何でもないです……』

カレンドゥラ・メディム
希代の若き錬金術師。
マジェーレ学院に通う錬金術師の卵にして学園の問題児。
内気で人見知りが激しく、他人とのコミュニケーションが苦手。
ホムンクルスと会話する時間が一番の楽しみ。

ニヴェオール
Niveole Camaieu

『すみません、死んでもらってもいいですか』

ニヴェオール・カマイユ
妖しく奇妙な暗殺者
マイペースで掴みどころがない、謎多きバニーなアサシン。
暗殺者としての腕は一流で、極細の特殊な鋼線を自在に操る。
裏の世界では有名人だが、本人はあまり気にしていない様子。

ベリル
Beryl Flayer

『フフ……イイ男ね』

ベリル・フレイヤー
魔王の妃であり、ラピスの母。
近隣から美男のエルフを集めては、その精を貪っていた。
魔王と共に、六英雄によって討伐されたはずだが……?

pagetopページの先頭へ